Entries

たてもん&ミラたんのコラボ商品


せえのこい、やあ~!!
 037_convert_20170516142952.jpg

魚津の夏の夜を彩る勇壮な「たてもん祭り」が
コインケースになりました~。

高さ約15メートルのたてもんを威勢よく曳き回すお祭りは去年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

コインケースには、夜空に浮かぶたてもんの提灯や、花火が描かれてます。

裏側は、おなじみのミラたんと魚津の仲間たちです。

038_convert_20170516143618.jpg

コインだけでなく、アクセサリーや印鑑、飴などを持ち運ぶのにも便利そうですね。

042_convert_20170516143839.jpg
をを、ファスナーにぶら下がるミラたん!!m9(゜д゜)っ



コインケースは一つ500円(税込み)です。









スポンサーサイト

押し花アート 


  もうすぐ母の日ですね。
  記念日にはプレゼントに添えて、世界に一つだけの押し花カードを贈ってはいかがでしょうか。

173_convert_20170511111259.jpg

  しんきろうでんでんに、お好きな花をお持ちください。
  無料でカードや栞に加工します。
    
  お花は濡らしたティッシュペーパーと一緒にビニール袋や密閉容器に入れてお持ちください。

  作品のお渡しには数日かかります。
  IMG_3936_convert_20170511111553.jpg
 

アロ~ハ~☆なミラたんグッズ

 新年度、新学期、はじまりましたね~
 ワクワク ドキドキ

 オフィスやご家庭のデスク回りを思いっきり明るくするミラたんグッズのご紹介です。
 じゃ~ん
 029_convert_20170405092132.jpg
 おー、ハワイアン~

 新入荷したマウスパッド4種類です。
 これほどトロピカルな色合いは、ミラたんグッズでは珍しいですね。
 南国リゾート感があふれています。

 
 プルメリアのバージョン。
035_convert_20170405092712.jpg


 チンアナゴのバージョン。
 031_convert_20170405092402.jpg


 ミラたんが描かれている窓の部分には、お好きな写真を入れることができます。
 風景写真を入れたら、ぐっと大人っぽくなりそうですね。

 値段は一枚400円です。
 夏に向けて、デスク回りの模様替えにいかがですか?


 しんきろうでんでんは、ほかにもミラたんグッズをいろいろ取り揃えています。
 お気軽に覗いてみてください~。
040_convert_20170405093341.jpg


 

 
 

 

 

「がんばろう糸魚川」缶バッジの販売

 しんきろうでんでんは今日、「がんばろう糸魚川」復興支援缶バッジの販売を始めました!!

014_convert_20170205155725.jpg

 1つ300円(税込)。
 売上が全額、義援金として糸魚川市に寄付されます。

 魚津では過去に何度も大きな火事がありました。
 このため、しんきろうでんでんの地元の方たちに「糸魚川を支援したい」という思いがあり、販売することになりました。

 
 昨年12月22日に糸魚川市で発生した火災では、147棟が焼失しました。
 糸魚川駅前では、今もなおガレキの撤去が続いています。
023_convert_20170203154006.jpg


 焼け跡は海の近くまで続いています。
 レインボー形の建物は、海に面した日本海展望台です。
055_convert_20170203145106.jpg

 魚津と糸魚川には、過去にこんな関わりがあります。
 昭和31年9月10日の魚津大火の際、県東部から消防車が掛け付ける中に、糸魚川から来たポンプ車など消防車2、3台の姿もありました。それを見て感激したという市民の証言が、記録に残っています。
 また、消火活動にあたった糸魚川の消防分団と、魚津の消防分団が大火の後、友好分団の締結を行ったそうです。


 こちらが缶バッジ。
005_convert_20170208153225.jpg
 「糸魚川うまいもん会」が製作し、ご当地グルメである糸魚川ブラック焼きそばのマスコットキャラクター・ブラック番長が描かれています。
  
 ぜひ一度、お手に取ってご覧ください。



 

いよいよ「魚津かにの陣」

  待ちに待った「魚津かにの陣」まで、あと一週間になりました。

  会場の「海の駅蜃気楼」にも大きな案内板が出ています。
  海の駅蜃気楼

  2月5日(日)午前8時スタート。
  獲れたての紅ズワイガニの販売や、鍋、浜焼きコーナーもあります。
  先着100名様にはカニ1パイをプレゼント!!


  なぜ魚津で「かにの陣」かというと、カニ籠漁発祥の地だからなんだそうです。
    
  カニ籠漁は、エサを仕掛けた籠を海中に投じて、集まったカニを籠ごと引き揚げます。
  昭和37年に魚津の漁師さんが、カニの身を傷つけない効果的な漁法として考案し、今では世界中に広まっているそうです。

かに籠
  右が現在のカニ籠。左は考案当初のカニ籠を復元したもので、竹を編んで作られています。 「海の駅蜃気楼」の入り口に展示されています。



かにの陣チラシ
  
  「しんきろうでんでん」のある電鉄魚津駅前から、会場の「海の駅蜃気楼」までは、市街地巡回バス(西回り)で約7分です。
  かにの陣にお出掛けの際には、ぜひ、「しんきろうでんでん」にもお立ち寄りください。





  

  

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム